事故物件の買取ならクリエイティブワークスにおまかせください

クリエイティブワークスは、事故物件買取のプロフェッショナルです。訳あり物件の高価買取りには絶対の自信を持っておりますので、処分にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

事故物件の買取・クリエイティブワークスとは

ゴミ屋敷買取 千葉,事故物件 売却,事故物件買取 東京,事故物件 査定

クリエイティブワークスは、横浜市保土ケ谷区に本拠地を置く、地域密着型の不動産会社です。真心対応が自慢で、売買契約が完了したあとのフォローの態勢も万全です。近年は、日本社会の高齢化の影響もあり、「孤独死」や「自殺」という形で世を去る方も多く、その後に残された不動産、いわゆる「事故物件」の処分にお悩みの方が多くいらっしゃいます。クリエイティブワークスが運営する「事故物件買取.com」では、総合不動産業者としてのノウハウを活かし、一般市場においては売却自体が難しいとされる事故物件についても、仲介料無料で高価買取りを行っています。

空き家対策

ゴミ屋敷買取 千葉,事故物件 売却,事故物件買取 東京,事故物件 査定

社会の高齢化が進行するにつれ、日本ではいたるところで空き家が目立つようになってきました。平成20年には、すでに全国に700万戸を超える空き家が存在。政府もこの状況を憂慮し、2014年には「空き家対策特別措置法」が成立、2015年に施行されています。

空き家対策特別措置法とは

空き家対策特別措置法は、倒壊などの危険がある空き家の持ち主を、固定資産税の納税記録により特定し、その空き家を調査する権限を市区町村に与えています。これにより市区町村は、空き家の持ち主に対し、修復や撤去を命令すること、そして持ち主が対処しない場合には、持ち主に代わって執行する権利を持ちます。空き家対策特別措置法における「空き家」とは、「誰も居住していない状態で使用されていない建物」「倒壊の危険がある建物」「衛生的に問題がある建物」「管理が怠られ、周辺の景観を著しく損なう建物」、そして「そのほかの理由により、放置することが適切ではないと考えられる建物」のことを指します。この空き家対策特別措置法にて空き家とされた場合、固定資産税の優遇対象から外され、強制撤去にまで至った場合は、当然ながらオーナーに対し、その費用が請求されることになります。そのため現在、状態の不安な空き家を所有している方は、真剣に売却を考えましょう。買い手の非常につきにくい事故物件の場合はなおさらです。売却してしまえば、固定資産税を払う必要もなくなりますので、今のうちに行動することをおすすめします。

事故物件について

事故物件は、事件性の有無にかかわらず、不幸なことにその場所で人が亡くなった物件のことです。このような物件は、次に入居する人が心理的に避けるキズを持つということで「心理的瑕疵物件(しんりてきかしぶっけん)」、また災害などで火事や漏水などが発生した「瑕疵物件」に分けられます。
事故物件はこのように、多くの場合、人の死がからむ物件ですが、瑕疵物件のように直接の犠牲者は出ていない物件でも、被害の状況からリフォームの難しい状況の物件なども事故物件に含まれます。実際に事故物件の売買を行う際は、心理的瑕疵物件や瑕疵物件であることを通知しなければなりません。これは宅地建物取引業法にて定められていて、これが取引きを難しくする理由となっています。

訳あり物件について

物件そのものや、物件の周囲を要因とする取引きの難しい物件のことを「訳あり物件」と呼びます。具体的には「金銭トラブルや相続トラブルがらみの物件」「物件自体にまったく問題はないが、周囲の環境に問題がある物件」「欠陥がある物件」などが訳あり物件と呼ばれるものになります。これらの訳あり物件についても、宅地建物取引業法で、売買取引時に通知することが規定されているため、処分を難しくする原因になっています。

ゴミ屋敷について

近年、テレビなどでも話題になることの多いのがこのゴミ屋敷です。ゴミ屋敷は、悪臭や害虫の発生、大量のゴミがとなりの家の敷地や道路にあふれるなどして、近隣住民とのトラブルの原因となります。なんらかの事情でゴミ屋敷を相続してしまった場合、事故物件や訳あり物件同様、非常に売買が難しくなるので適切に管理する必要があります。大量のゴミが物件内外にあることで、近隣住民を不安な気持ちにさせます。漏電等によりゴミに引火し、火災を招くこともあります。手入れの行き届かない建物は、急速に劣化していきます。ゴミが溜まることで重量が増し、床が抜けることもあります。こうなると、隣人を命の危険にさらすことになりますので、ゴミ屋敷は適切に処理する必要があります。

クリエイティブワークスのサービス

ゴミ屋敷買取 千葉,事故物件 売却,事故物件買取 東京,事故物件 査定

クリエイティブワークスでは、総合不動産業者としてのこれまでの経験を活かし、事故物件や訳あり物件、ゴミ屋敷の買取りを行い、多くのお客様の悩みを解決してきました。クリエイティブワークスが運営する「事故物件買取.com」では、これらの物件の買取りを専門に行っておりますので、お悩みの際はぜひご連絡ください。

秘密厳守

事故物件買取.comでは、事故物件や訳あり物件のオーナー様にとって、「秘密厳守」はもっとも重要な事項だと考えています。ご自宅に伺う場合でも、社名がわかるような車は決して使用しませんので、外部に何かを悟られることはありません。

物件の査定について

事故物件買取.comでは、物件の査定は無料です。オーナー様から直接買い取らせていただきますので、仲介料がかかることもありません。物件に実際に赴き、精査したうえで、現在の取引相場や過去の事例を参考に査定価格を提示させていただきます。通常、査定希望のご連絡から3日以内には、該当物件の査定に伺います。契約にかかわる印紙代や登記費用を除いては、費用はかかりません。「査定価格=受取金額」になります。

実際のサービスの流れ

事故物件買取.comにおける実際のサービスの流れをご紹介します。

・お問い合わせ
まずは事故物件買取.comまでお問い合わせください。査定希望だけではなく、事故物件買取りに関するさまざまなご質問を受け付けています。ウェブサイトのメールフォーム、もしくはお電話にてお願いします。
・現地調査と法的調査
査定希望の場合、現地調査と法的調査を行います。事故物件買取.comでは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県と、その近隣の調査を承っております。
・査定価格の提示
調査の結果に基づき、事故物件などの査定価格を提示させていただきます。
・契約条件などの調整
査定価格に満足していただけましたら、契約に至るまでの準備、物件引き渡しの日程などをお客様と調整します。
・契約締結
クリエイティブワークスを買い主、お客様を売り主とする契約を締結します。

以上が、事故物件などを買取りする場合の標準的なプロセスになります。こうして見ていただければおわかりいただけるとおり、売買契約締結までの流れはシンプルです。実際にサービスをご利用いただいた多くのお客様から、「かんたん」「スピーディー」「安心できる」というフィードバックをいただいております。悩んでいる時間は長く、重苦しいものですが、事故物件買取.comにご連絡をいただければ、お悩みを迅速に解決いたします。空き家対策特別措置法の施行により、空き家オーナーの方は現在、速やかに対処することが求められています。特に放置している空き家がある場合、まずは現状を自分の目でチェックすること、そして心配な状況であれば、すぐにクリエイティブワークスが運営する事故物件買取.comまでご連絡ください。